黒柳徹子さんの幼少期

いつもお茶の間に元気を与えてくれている黒柳徹子さんですが、幼少期から発達障害だったことを公表されています。

黒柳徹子さんは読書障害や計算障害が強かったとのことで、落ち着きがなかったり話し出したら止まらないことも発達障害の特徴ですね。

誰しも日常で疑問に思うことを知りたいと思うのは自然な事ですが、発達障害の症状として関心を抱いた物への執着心が異常とも言えます。

黒柳徹子さんも学校の授業中に静かにできなかったり、急に鳥に話しかけてみたりしていたそうです。

昔は発達障害は良いイメージがありませんでしたが、最近では発達障害であっても才能豊かで感性が豊かな人もいるので見直されてきています。

黒柳徹子さん以外にも発達障害を告白している芸能人は多くいて、世界的スターのトム・クルーズさんやモデルの栗原類さんなども告白しています。

人と違うことで、爆発的な創造力を生んだり、違うアプローチから人が気づかなかったことに気づいたりと、「違い」から生まれるものはたくさんあります。

しかし、我が子が学校で、「落ち着きがなく、先生に注意される」「お友達ができない」などの状況にあれば心配になるのが親心だと思います。

コミュニケーションの取り方の違いがあることに、深く理解できてくると、違いを許容することができ、お子さんの悩みも緩和してきます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です