子どもの脳の9割は6歳までに 完成する!

そもそも、私たちの脳はどのように成長するのでしょうか?
まず脳の神経は、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいる、だいたい妊娠2か月ごろか らつくられ始め、3歳ごろまでには大脳、小脳、脳幹という基本構造がほぼできあがり ます。さらに、子どもの脳は6歳で大人の脳の9割まで成長し、小学校を卒業する12歳 でほぼ完成します。

自己肯定感が低い日本人

自己肯定感が低い日本人 日本人の自己肯定感は世界の中で圧倒的に低いと言われています。 国立青少年教育振興機構が行った、日本・米国・中国・韓国の高校生を対象とした 調査結果でも、このことが浮き彫りにされました。

「自分はだめな人間だと思うことがある」という質問に対して、 日本人の72.5%が「とてもそう思う」「まあそう思う」と回答。 これは同じ質問に対する答え、中国(56.4%)、アメリカ(45.1%)、 韓国(35.2%)と比べと突出して高い 割合です。
「高校生の生活と意識に関する調査(平成27年度調査)」より

<図を入れる>

日本を含めた7カ国の満13~29歳の若者を対象とした意識調査 (我が国と諸外国の若者の意識に関する調査(平成25年度))

なぜ自己肯定感が低いのか

日本人の自己肯定感が低い原因は、教育にあると言わざるを得ません。学校では、それぞれの個性を見出していく機会も、健全な人間関係を育む機会もほとんどなく、偏 差値など自分の外にある基準で全人格を判断するようなシステムになっています。

ここに誤解があるから我々日本人は自己肯定感を高く持てないのではないでしょうか。我々は成長する過程でいつの間にか「ありのままの自分なんて取るに足らない存在で、他人から評価される何かを得て初めて存在価値がある」と思い込まされてきました。

そういうメッセージを繰り返し受け取りながら成長してきたわけです。そこで何か少しでもできないことがあると「自分はダメな人間だ」となってしまう。ちょっとした 失敗や挫折が、自分という存在の無価値感や自己否定というところまで行ってしまいます。